家計簿は何のためにつける?その必要性とつけることのメリット

家計簿は何のためにつける?その必要性とつけることのメリット

お金に興味がある人や、欲しいものを買いたくて貯金をしたいと思っている人は、まず家計簿をつけ始める人も多いですよね。家計簿をつけるとお金の流れを可視化でき、さらに今の貯金がいくらあるのかなども確認することができます。

「なぜあなたは家計簿をつけているのですか?」と聞かれたら、何と答えますか?きちんとお金の管理をして把握しておきたいから?貯金をもっと増やすため?

私も最初はそういった理由のためにつけ始めましたが、最近、私の中の家計簿の意味合いが変わってきました。とても素敵な気付きを得たので、シェアしたいと思います。

家計簿をつけて一気に改善!

必要な金額を見えるようにする

家計簿を始める前の私は、貯金できない性格でした。欲しいものはすぐに買ってしまうし、食べたいものは我慢できません。唯一の救いが、クレジットカードのリボ払いに対する恐怖があったので、借金を作らなかったことですね(;’∀’)

ですが、付き合っている彼にプロポーズされ、結婚式を挙げたくて貯金すると決意しました。そのときに始めたのが家計簿です。

いろいろな家計簿のつけかたを調べては取り入れ、自分なりの家計簿が完成していきました。

すると、今まで貯金がまったくできなかった私が、月に決まった額を貯金できるようになったのです!それは「結婚式」という夢があったためかもしれませんが、家計簿をつけてお金を把握できたことで、無理なく目標を達成できたのです。

「家計簿」の役割は次のステージへ

高い買い物,麻痺,金銭感覚,マイホーム,結婚式

現在は結婚して家計簿歴も数年。ただ夢を叶えるためだけの家計簿の役割は、次のステージへ移行しています。

今の私にとって家計簿とは、幸せを感じるためのツール。毎月きちんと予算を決めますが、何よりも「今日もこれだけの物が買えた。豊かだなぁ」と感じるようになったのです。

家計簿には買ったものひとつひとつを細かく記録しているので、毎月膨大な作業量にはなるのですが、私にとってはすごく幸せなのです。

決してお金持ちというわけではありませんが、予算オーバーをしても「オーバーできる余裕があって幸せ」とまで考えるようになりました(^^♪

「豊かだなぁ」と思う瞬間を増やすこと

お金の使い方、アイデア

さて、あなたにとって家計簿は何の意味がありますか?つけないよりもつけている方が安心だし、おすすめです。

だけど予算オーバーしたのを見て、頭を抱えて悩んでいませんか?それが逆にストレスになって、無駄遣いなど負の連鎖を生み出しかねません。

ぜひとも家計簿をつけるときには「お金の管理」の役割に加えて、「豊かだなぁ」「お金持ちだなぁ」と思う瞬間を増やしてほしいです。

1個のお菓子を買う余裕がある、外食してラク&美味しいものを食べる余裕がある。さらには貯金もできている!

これってすごく幸せなことなのです。この幸せをひとつひとつ噛みしめながら、家計簿を大好きになってほしいと思います!

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

節約術カテゴリの最新記事