スポンサーリンク

食費を節約するコツとアイデア~今すぐできる節約術

「今月こそ節約しよう!」と決意しても、月末になるといつの間にか膨らんでいる食費。そんなに贅沢したつもりはないのに・・・と悩むことはありませんか? 

節約するといっても、あまりケチケチして食卓が淋しくなると、食事時間が楽しくなくなってしまいます。

そこで今回は、食事の質を落とさないようにしながら、食費を節約するコツとアイデアをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは基本から

食費を節約するコツとアイデア

食費を節約する基本中の基本は「自炊すること」です。

家族が多い場合はそれほど頻繁に外食できないかもしれませんが、ひとり暮らしや夫婦二人世帯では「今日は疲れているから」「仕事が遅くなったから」と、外食したりデパ地下でお弁当やお惣菜を買って帰ったり・・・どうしても増えてしまうかもしれません。

気持ちは分かりますが、せっかく普段ある程度節約していても、外食することで一気に食費がアップしてしまいます。

「食費を節約しよう」と決意したなら、まずは外食をできるだけ減らし、基本的には毎食自炊することにしましょう。

食費の予算を決める

1年に1回は行きたい海外旅行! 旅行資金を貯めるコツとは?

食費を節約しようと気にしながらも、なかなか減らすことができない理由のひとつに、「あらかじめ一か月分の予算を決めていない」ということがあります。

このように、予算を決めずに成り行きに任せると月末には食費が膨らんでしまうことになります。ですから、毎月一か月分の食費を設定し、その予算の中でやりくりをするのが節約の第一歩です。

このように食費を決めておくと、少しずつ使えるお金が減っていくことを実感することができるので、自然と出費がかさむ「外食」などを減らせる、というわけです。

まずは自分が食費をどれほど使っているかを把握するために、家計簿をつけるかレシートを取っておくなどして、一か月にどれほどお金をかけているかを計算しましょう。

そのうえで外食やお弁当・お惣菜の購入、出前などにどれくらいお金をかけているかを把握し、できるだけそれらを省いた金額でやりくりできるように食費の予算を設定してみることです。

食費節約のアイデア

節約レシピ、食費を安くする5つの工夫

無駄をなくす

食費を節約しようと、できるだけ安い食材を買ったり、見切り品を買ったりすること自体は悪いことではなく、上手に活用すれば節約に非常に効果的です。

ただ、せっかく買ったこれらの食材をうまく使い切れずに腐らしてしまったなら、どんなに安い食材でも無駄になり、ただお金を捨てるのと同じことになってしまいます。

そこで、買い物へ行く前に冷蔵庫の中身を一度チェックして、賞味期限が切れそうなものはないか、何を買えばうまく冷蔵庫に残っているものを活用できるかを確認してから出かけるといいでしょう。

買い物の回数を減らす

目標は一週間に一度の買い物ですが、最初は何を買えばいいのか分からないことも多く、いきなり一週間分の買い物は難しいかもしれません。

まずは週に2~3回から始めてみましょう。まず、冷蔵庫に残っている食材をベースに2、3日分の献立を決めて買い物リストを作り、必要なお金だけを財布に入れて買い物へ行くようにすると効果的です。

食費専用のお財布を用意するとわかりやすく便利ですね。

ネットスーパーを活用する

自宅にいながらパソコンやタブレットなどから買い物ができるネットスーパー。なんとなく高いイメージがあるかもしれませんね。

ところが実際は、送料がかかるものの子育てに忙しいママや共働きの主婦にとって家計節約になることが多いようです。また、わざわざ店舗まで足を運ぶ時間や手間も省けます。

メリット1.予算以内に抑えられる

スーパー行って買い物をする場合、カゴの中身を計算しながらショッピングするのはなかなか難しいことです。ところが、ネットスーパーで購入する場合、カゴに入れた金額が一目瞭然なので予算オーバーしていないかを確認しながら購入することができます。

また、実際の店舗では、ふと目に付いたお菓子や新商品などをついつい購入したくなるかもしれませんが、ネット上で買い物をすると不要なものを買いたくなる衝動が抑えられます。

メリット2.重い荷物も届けてくれる

トイレットペーパーや赤ちゃんのおむつ、飲料水やお米などの重い荷物などは買い物自体が大変です。

その点、ネットスーパーで購入すると自宅まで届けてくれるので、時間も労力が節約できるメリットがあります。雨の日や、赤ちゃんがいるママにはありがたいシステムですね。

メリット3.家計管理に便利

ネットスーパーで買い物をすると、見切り品などは購入できない代わりに、本当に必要な物を予算内で買い物することができます。

注文しながら合計金額が確認できるので、その時の予算に合わせてオーバーした分を削除したり、別の商品に変更したりすることも可能です。

また、商品の納品書は通常のレシートとは異なり、食品・日用品・医薬品などの区分がされているので、家計簿にも記入しやすくて便利です。それが面倒でも、納品書をノートなどに張り付けるだけで簡単管理ができますよ!




ストレス貯めずに楽しんで食費を節約!

食費を節約するコツとアイデア

今回は食費を節約するためのコツとアイデアをご紹介しました。

どの方法も、食事の質を落とさずに続けられるものばかりです。食費を切り詰めることばかりを優先させるよりも、買い物の無駄を省くことを心がけることによって、無理なく健康的に節約することができます。

くれぐれも「食費節約=量を減らす」ことにならないように気をつけましょう。節約も続けなければ意味がありません。

ストレスを溜めずに上手に食費を減らすために、自分に合った方法を見つけて頑張っていきたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気に入りの記事をシェア!

SNSフォローで最新情報をお届け!