スポンサーリンク

節約レシピ、食費を安くする5つの工夫

今後もっと貯蓄を増やしたい・・・と思って家計を見直す時に、真っ先に節約できるのが食費かもしれません。一人暮らしの独身でも、夫婦二人でも、お子さんがいる家庭でも、放っておくと知らず知らずのうちに膨らんでいくのが食費です。

その分ちょっとした工夫をすることで、食費を大幅に減らすことが可能です! 今回は食費を減らすためのアイデアと、節約レシピのコツをご紹介します。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

食費を安くするアイデア

節約レシピ食費を安くする5つの工夫

買い物は一週間に一回

まず、細かく節約レシピを決めるより前に、「買い物は一週間に一回のまとめ買い」がおすすめです。

どんなに節約レシピを頑張っても、頻繁に買い物に行けば行くほど出費が増えてしまうものです。スーパーへ行くと、いつでも何かしらの商品がセールになっていて「安いから買っておこう」と、ついカゴに入れてしまうかもしれません。

また、美味しそうなスイーツを見つけたり、お菓子を買いたくなったり・・・。どうしても購買意欲をかき立てられてしまうのです。そこで、週末や特売日など、買い物の日を決めて一週間分の食材をまとめ買いすることで無駄な出費を防ぐことができます。

いきなり一週間分のまとめ買いが難しいなら、まずは3日分から始めてみるのもおすすめです。コツは買い物へ行く頻度を減らす、ということです。

買い物メモを作る

さて、まとめ買いが節約への道だといっても、食材をうまく使い切れなくて傷ませてしまったら意味がありません。

買い物へ行く前に、冷蔵庫にまだ残っているものをチェックしておきましょう。そのうえで、作りたいメニューとスーパーで買いたいものを書き出しておくことがおすすめ。

食材のなかでも野菜類は特に、“旬”かそうでないかで大きく値段が変動します。メニューを考える際には、できるだけ旬の野菜や食材を取り入れることが節約のポイントです。さらに、日持ちがする根菜や、乾燥食材も取り入れるとメニュー作りにも役立ちますよ。


節約レシピのアイデア

節約レシピ、食費を安くする5つの工夫

冷凍庫を活用する

一週間分の食材をまとめ買いする時に困るのが「生鮮食品」です。葉物野菜やお肉、魚などは賞味期限がそれほど長くありません。

葉物野菜なら茹でてから冷凍するなどの工夫が必要ですが、冷凍して小分けしておくと一週間好きな時に使用でき便利です。お肉や魚も一回分に小分けして冷凍しておくといいでしょう。

冷凍できるのは食材だけではありません。

作りすぎたカレーやシチューをフリーザーバッグに平らに入れて冷凍することができますし、週末などの時間があるときに餃子やハンバーグ、ミートソースなどをたくさん作って、一食分ずつ冷凍ストックしておくこともおすすめです。こうしておくと、忙しい時の時間短縮にもなり一石二鳥ですよ。

作り置きおかずを作る

まとめ買いをするときに考えておきたいのが、作り置きおかず、または“常備菜”です。一週間分のメニューを考えるときに“作り置きおかず”を取り入れることで、時間も費用も節約することができます。

例えば、乾燥ひじきや切り干し大根などの乾燥品を調理しておく、定番のきんぴらごぼうやコンニャク炒めなども便利です。また、捨ててしまうともったいない大根の葉や皮、ニンジンの皮などで常備菜を作るといっそう節約できますね。

乾物・缶詰を活用する

日持ちがする乾物や缶詰は節約レシピの強い味方です。野菜や魚など、旬を外すと値段が高くなったり気候や天候で価格が左右されたりする食材に比べて、乾物や缶詰は一年中ほとんど同じ価格で購入することができます。

乾物も缶詰も値段が安く長期間保存ができるなどのメリットがあるので、まとめ買いをしておいても無駄がありません。

乾物の中には高野豆腐や麩、ひじきや切り干し大根、ワカメや昆布など色々な種類がありますし、缶詰では定番のトマト缶、ツナやサバ缶など安くて種類も豊富です。これらを上手に活用して食材のコストダウンを図ることができますよ。

ちょっとした工夫で食費は節約できる

節約レシピ、食費を安くする5つの工夫

意識していないとどうしても増えていく食費ですが、買い物の仕方やメニューの工夫でかなり節約できそうです。

今回は一週間に一度の買い物でまとめ買いをすることをおすすめしましたが、3日に一度にするなど、それぞれの事情に合わせた方法で取り組むことができます。

ただ、あまりにもガチガチでストイックになりすぎると、節約がストレスになって続きませんし、だいいち食事が楽しくありません。その時の状況にあわせて臨機応変にできるといいですね。

今は、ネット上で節約メニューのアイデアもたくさん掲載されていますし、節約メニューとは思えないほど美味しそうなものもいっぱいです。上手に活用して、楽しく・美味しく節約していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気に入りの記事をシェア!

SNSフォローで最新情報をお届け!