ムダな費用を黙って払い続けるお金持ちはいない‐不必要な固定費をカットする!

ムダな費用を黙って払い続けるお金持ちはいない‐不必要な固定費をカットする!

生きていると、必ず何かとお金がかかります。家に住むための家賃、食べていくための食費、暮らすための水道光熱費。ただ自治体に住むだけで、住民税という税金もとられますよね。
 
だけどこれらの出費は、生きていくうえで必要になってくるものなのです。税金だって、日本という国が、国を安全に且つ暮らしやすくするために必要な費用です。
 
では逆に、必要じゃない費用とは何でしょうか?

必要ではない固定費

固定費、節約、家計、無駄遣い

ここで挙げた固定費以外にも、いろんな固定費がかかっていますよね。医療保険料、スマホ代、インターネット代。スポーツジムやカルチャー教室に通っている人は、そのお金も毎月かかっています。
 
こういった固定費は、生きていくために必要ではありません。医療保険に入らなくても、国民皆保険制度があるし、スマホを持たなくても良いわけです。スポーツジムは行かずに近所にランニングに行けば良いし、家で筋トレすれば良いんです。
 
ただし、生きていくのに必要ではなくても、快適に暮らすために必要な費用なので、「じゃあ辞めます」という人はいませんよね。笑

固定費の中にムダな費用が潜んでいる

家計,出費,黄金比,貯金,貯まる,節約,

快適に生活するというのは、人間の欲求の1つでもあります。

ゴミ屋敷のような家には住みたくない。
インターネットがあるから、困ったときに助かっている。
カルチャー教室で友達ができた。

そう、人々の生活も心も豊かにしてくれるのが「快適な生活」なんです(^^♪
 
しかし、言われるままに契約して、ムダな費用をずっと払っている人もいます。

勧められるまま契約していませんか

スマホ、通信費、契約

例えばスマホ代。
 
携帯ショップではいろんなプランが用意されていますね。契約時、勧められるままのプランに入っていませんか?
 
生活スタイルが変わったのに、プランの変更をしないままではありませんか?
 
例えば、通信量が7GB、5GB、3GBのプランがあるとしたら、やっぱり通信量が少ない方が安いわけです。
 
家にWi-Fiがない人なら7GB必要かもしれません。でも家にWi-Fiがあって、ほとんど家にいる専業主婦などは3GBで十分です!
 
携帯ショップでは、そんな家庭の事情など知るはずもありませんから、「7GBあった方が大変便利です」と勧めてくるのです。

https://womens-money.com/saving-money/communication-transportation-costs/

定期的に固定費の見直しを

10年後、30年後の幸せのために~女性はお金をどう貯める、どう使うべきなのか

誰だって貯金を増やしてお金持ちになりたいと思っているのに、最初に手をつけるのが食費や娯楽費を削ること・・・。
 
これではお金持ちへの道は遠いに決まっています(`・ω・´)
 
お金持ちは、ムダな費用を払い続けません。自分が「いらないな」と思ったら、次の日には解約しているのです。お金持ちになりたいなら、それくらいの行動力は必要です。
 
固定費は一度見直して、金額を下げることができたら、それ以降もずっと安いまま。特に生活スタイルが変われば、固定費を今のままにしているとムダになります。
 
定期的に固定費を見直して、ムダな費用を払い続けるのをやめましょう!

https://womens-money.com/blogs/rich-people-thought/

https://womens-money.com/blogs/rich-poor-deference/

https://womens-money.com/saving-money/tsumitate-save-method/

節約術カテゴリの最新記事