モノよりコトにお金を使って幸せになる方法

モノよりコトにお金を使って幸せになる方法

私たちは日々、お金とモノに囲まれて生活しています。あなたの周りを見回してみてください。今、どんなモノがありますか?
 
お気に入りソファ、ケチって買ったテーブル、貰った置物。そのどれもが、大なり小なりのお金を出して手に入れたものです(*^-^*)
 
たとえ、イベントで配られていたティッシュだってお金がないと作れません。
 
一方で、コトにお金を使うこともできます。マッサージに行ってリラックスする。映画を観て感動するなど、モノとして形に残りません。
 
では、形に残るモノと、残らないコト、どちらがより満足度が高いか知ってますか?

モノとコトの満足度の違い

アイスクリーム

例えばあなたに1万円を渡します。これを好きなように使ってくださいと言われたら、何に使いますか?
 
欲しかった服を買う?今話題のゲーム機を買う? それとも、贅沢にフレンチ料理を楽しむ?大好きな人にプレゼントを買う?
 
前者はモノにお金を使った場合で、後者はコトにお金を使った場合です。誰かにプレゼントを買うのはモノにお金を使っているようですが、自分には形として残らないのでコトになりますね。
 
実際にこの実験をした人もいるようです。どちらの方が満足度が高かったと思いますか?

コトに使う方が満足度が高い理由

旅行資金をためる

まず、モノを買った場合と、コトにお金を使った場合では、最初の満足度はどちらも同じです。欲しかったモノが手に入ると嬉しいですよね♪
 
または、美味しいものを食べているときも、誰かの笑顔を見るのも幸せです♪
 
だけど問題になってくるのはここからでした。そう、満足度の持続力に差が開いていったのです。
 
モノを買った場合、1週間くらい経ってしまうと、モノにたいする愛着が減ってきてしまいました。さらに時間が経つとそこにあって当たり前の存在になってしまい、日常の風景に収まってしまう。
 
せっかくワクワクして買ったものなのに、ワクワク感が消えてしまったのです。
 
一方でコトにお金を使った場合はどうだったと思いますか?

「あのとき食べたフレンチ料理美味しかったな♪また行きたい!」
「あの人の喜ぶ顔が見れてこっちまで嬉しくなった♪」

こうやって当時のことを思い出すたびに、満足感がまたよみがえってきます。これがモノに使うかコトに使うかの満足度の違いです。

コトにお金を使うには?

食事、節約

私たちの普段の生活の中では、断然モノにお金を使うことの方が多いです。だけど意識してコトにお金を使ってみませんか?
 
コトとは言わば思い出です。形に残らなくても記憶にはいつまでも残っていますよね♪
 
映画の感動、家族の笑顔、自分自身の幸せなど。それらを満たせるコトは何か?と意識してみてください。
 
コトにお金を使うのは難しいことではありません。高いお金を出して旅行に行かなくても、誰か特別な人といるだけで良いのですから♪
 
そして実は、コトというのはお金を使わなくても満足できます。お弁当を作って公園にピクニックに行くだけでも、家族との最高の思い出ができるのです(*^-^*)

  

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

ライフスタイルカテゴリの最新記事