スポンサーリンク

DINKSはお金が貯まるって本当?メリットとデメリット

「DINKS」という言葉をご存知ですか? これは、1980年代に作られた言葉で「Double Income No Kids」の略。

意識的に子どもを持たず共働きして生計を立てているカップルのことを指しています。

収入が二人分あるうえに子供に必要なお金もかからないことを考えると、金銭的に余裕ができてお金をいっぱい貯められそうですよね? 実際のところはどうなのでしょうか? 「DINKS」のメリットとデメリットについて考えます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

DINKSのメリット

DINKSはお金が貯まるって本当?メリットとデメリット

経済的な余裕

夫婦二人が仕事を持っているDINKSの場合、二人分の収入があるだけに経済的には余裕ができます。

生活費は二人分の家賃が必要なわけではありませんし、光熱費も比較的少なくて済みます。また、同年代の子どもがいる世帯と比較して子どもの教育費や養育費にかけるお金も必要ありませんから、その分のお金を貯蓄に回すことができますし、生活に十分な余裕を持つことができます。

多くの場合、夫婦お互いに趣味や旅行など自由に使える金銭的余裕があるようです。

住居・時間の自由

子どもがいる世帯では子育てが中心になります。

もちろん可愛いお子さんと過ごす時間そのものが大きな喜びに繋がる一方で、どうしても子ども中心の生活になってプライベートな時間を確保することが難しいものですね。その点DINKSは、自由な時間が確保できるので趣味や習い事などに時間を用いることもできます。

さらに、子どもがいると学校などのこともあり簡単に引っ越しをすることができなくなります。ところが、DINKSは、仕事の都合さえつけば「田舎暮らし」や「海外移住」など、身軽に住居を移転することができます。

キャリアアップできる

結婚前から結婚後と、仕事を続けてきた女性にとって、出産や子育てによって会社を辞めなければいけない・・・ということはよくあるパターンです。

また、育休を取って会社に戻ってみると元のポジションから外されていることも多いもの。男性と同じように会社でキャリアを積んできた女性がDINKSを選択してキャリアアップの道を選ぶ、ということもあります。


DINKSのデメリット

保険を見直すべきタイミングっていつ?

家計管理が難しい

DINKS世帯で多いのが、家賃や生活費の一部などをそれぞれが出し合い、お給料の残りはそれぞれが自分で管理するというスタイルです。このスタイルは、夫婦お互いがバリバリ働いて高収入を得ているカップルに多いようです。

このように夫婦別財布にしていると、お互いの貯金額には干渉できないため、それぞれが「相手は貯めているだろう」という思い込みで、イザというときにフタを開けてみると互いにほとんど貯金できていない・・・というケースもあります。

このように、いつまでも独身気分でお金を使う習慣が抜けないために浪費も多く、家計管理がおろそかになりがちです。

老後の不安

若くてお互いに元気なうちは、経済的に余裕があって自由を謳歌できるDINKSですが、病気になったり老齢になったりすると一気に不安になることが多いようです。

子どもがいる家庭の場合、どちらかに万が一のことがあった時や介護が必要になった時には、ある程度子どもに頼ることができるもの。

ところが、DINKS世帯では夫婦の片方に介護が必要になると、仕事を持つパートナーが介護をしなければならなくなり収入が落ち込むなど不安がともないます。


DINKSとお金

貯金ができる人はみんなやってる5つのコツ

ダブル収入であるDINKS世帯の弱点は、経済的な不安がないだけに「節約しよう」という意識が低いことです。

子どもにかかるお金が必要ないから・・・という気持ちの余裕と日々の仕事のストレス発散から、趣味や食べ歩き、ショッピングなど独身時代の金銭感覚のままお金を使っているパターンが多いようです。

そんな生活を満喫してアラフォーになり、ふと老後のことを考えてみたときに「ほとんど貯金がない・・・」と焦ることになりかねません。

上に書いたように子どもを持たないDINKSは、老後についてのしっかりした資金計画を立てておく必要があります。子どもがいないということは、将来年老いたときに必要となる介護や老人ホームの入居など、今のうちから備えておかなければいけない資金が子持ち世帯より圧倒的に多くなります。


まずは収入の確認から

本来はダブル収入で経済的な余裕があるはずのDINKS世帯。“二人分の収入がある”という気持ちの油断から浪費に繫がりやすいものです。

まずはお互いのお給料と支出を確認することから始めましょう。そのように収支を確認することで何にムダ使いしているか、どこを削れるかを見極めることが大切です。

そのうえで、それぞれのお給料をどのように管理するか、例えば「両方を合わせて一本化して管理する」とか「今までのように別財布にする」か、決めることができます。いずれにしても「貯蓄分」として、先に決まった金額を分けておくようにするのが効果的です。

お金が貯まるかどうかは二人次第

DINKSはお金が貯まるって本当?メリットとデメリット

周囲から見るとたくさん貯金をしていそうなDINKSですが、実際には「堅実にしっかり貯める派」と「派手にお金を使って浪費する派」の両方があるようです。

お互いに干渉されたくないカップルが多いDINKS、独身気分が抜けずにいつまで経っても貯金が増えないパターンが多いようです。せっかく経済的に余裕のあるDINKS生活、貯められるうちに賢く貯金して今の生活を楽しむだけでなく、将来にも備えられるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気に入りの記事をシェア!

SNSフォローで最新情報をお届け!