FXって本当に儲かるの?初めてのFXで気を付けたいこと

FXって本当に儲かるの?初めてのFXで気を付けたいこと

皆さん「FX」という言葉は、テレビや雑誌などで見聞きしたことがあるのではないでしょうか? 

昔は「投資」というと男性が主に行っているもので女性には難しいイメージがありましたが、近年ではOLさんや主婦など多くの女性がさまざまな投資を行い、自宅にいながら多くの収入を得ている場合もあるようです。

今回はそんな「投資」のなかでも、近年人気が高まってきている「FX」について調べました。


FXってどんなもの?

FXって本当に儲かるの?初めてのFXで気を付けたいこと

「FX」というのは、正式には「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。

「投資」というと株式投資のことを思い浮かべるかもしれませんが、「FX」では通貨に投資をするのと同じようなものです。

つまり、株式投資なら「株価」の変動によって株を売買することで利益を得るのですが、「FX」の場合では「外国為替相場」の変動を見ながら日本円や米ドル、ユーロなどの通貨を売買(両替)することによって、その差額から利益を得るというわけです。


証拠金取引って?

FXって本当に儲かるの?初めてのFXで気を付けたいこと、証拠金

「FX=外国為替証拠金取引」の「証拠金取引」とは、一定の「証拠金」を担保にして、その数倍から数十倍もの金額を運用できる取引のことです。

例えば、1ドル=100円のときに10,000ドルの取引をする場合、本来なら100万円が必要です。ところが、「FX」では、その数パーセントの「証拠金」だけで同じ取引ができるというわけです。

これを、少しのチカラでその数倍もの大きなものを動かすことができる「てこの原理」の「テコ」を意味する「レバレッジ」といいます。

こうして手元には数万円や数十万円といった少額しかなくても、数百万円分の通貨を取引することが可能になります。このように少ない資金で取引ができるところが「証拠金取引」のメリットです。

取引の際には「レバレッジ○○倍」と表現されることがあり、最大25倍まで取引することができます。これは「証拠金に対して○○倍取引が可能」であるかを示しています。


為替差益って?

FXって本当に儲かるの?初めてのFXで気を付けたいこと、為替で儲ける

「FX」で収益を得る方法は、為替レートの変動を利用して「為替差益」を得ることです。

ニュースなどでも「円安」や「円高」などの言葉を見聞きするように、為替レートは常に変動し上がったり下がったりしています。「FX」では、このレートの差を利用して、通貨を「安く買って高く売る」、または「高く売って安く買う」ことにより利益を得ることができます。

例えば、1ドル100円のときに1,000ドル買います。為替レートを見て、1ドル110円になった時に売るとします。10円上がった時に売ることで、10円×1,000ドル=1万円の利益を得ることになります。(*手数料は含まず)

ただし、為替が逆の方向に変動する(100円から90円に下がる)と、上と同じ金額の損をすることにもなります。





スワップポイントって?

FXって本当に儲かるの?初めてのFXで気を付けたいこと、スワップポイント

「FX」には「為替変動」の他にも「スワップポイント」と呼ばれる「取引通貨間の金利差」によって利益を得ることができます。

例えば日本は超低金利ですが、海外には金利が高い国がいくつもあります。

低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買うと、それぞれの通貨の金利差に相当する額が、「スワップポイント」として口座に反映されることになります。金額はそれほど大きなものではありませんが、毎日付与されるものなので長期的に保有することから収益を得ることができます。

*ただし、金利差が逆の場合はスワップポイントの支払いになります。


初心者が気をつけるべきこと

FXって本当に儲かるの?初めてのFXで初心者が気を付けたいこと

このように「FX」の仕組みについて簡単に説明しました。

少額でも手軽に始められるのがメリットの「FX」ですが、株式投資などと同じく「ハイリスク・ハイリターン」だといわれています。むやみに恐れる必要はありませんが、メリットと同時にリスクについてもしっかりと把握しておく必要があります。

なかでも初心者が気をつけるべき点をご紹介します。

まずは少額から始めよう

「FX」の場合は、外貨をどれくらいまとめて取引するかを決める「取引単位」というのがあり、最低取引単位が定められています。

多くの業者では「1万通貨から」と決められていることが多いのですが、リスクも大きいことから1,000通貨単位、100通貨単位という取引を設けているFX会社もあります。

当然、取引単位が多くなるほどにリスクも高くなります。初めて「FX」を始める場合には、いきなり多額の取引を始めるのではなく、まずは少額から始めてある程度取引に慣れてきてから増やしていくようにしましょう。

レバレッジには注意しよう

「FX」の魅力のひとつに「レバレッジ」をかけることで、“少ない資金でも大きな金額の取引をすることができる”というシステムがあります。

「証拠金」を預けることで最大25倍の金額の取引ができるのが最大のメリットです。これは、うまくいけば少額で大きな収益を得ることができるのですが、逆に損を出した場合にも「レバレッジ」をかけていない場合の最大25倍もの大きな損失を受けることになります。

資金を一気に失ってしまわないためにも、初心者なら「レバレッジ」を1倍、または2~3倍程度と低めに設定し、取引に慣れてから大きくするようにしましょう。

自分なりのルールを決めておこう

初めて「FX」を始める人に多いのが、「大きな利益を得たい!」という気持ちが大きすぎて、あらかじめ資金を決めずに取引を始めてしまうことです。

そうすると、いつの間にか生活費や近い将来必要な資金にまで手を付けてしまい、負のスパイラルから抜け出せなくなってしまうリスクがあります。

そこで、あらかじめ「余裕資金」のなかから投資に回せる金額を決めておき、毎月の生活費などに手を付けてしまわないようにすることが大切です。

また、取引で損を出した時に、「もう少し、もう少し・・・」といつまでも引きずってしまうのも初心者の特徴です。あらかじめどの時点で「損切り」をするのか決めておき、そのルールを絶対に守るようにしましょう。


リスクがあることを覚悟しながら挑戦してみて

FXって本当に儲かるの?初めてのFXで初心者が気を付けたいこと

いかがでしたか? 今回は、近年女性にも人気が高い「FX」で収益を得る仕組みと、気をつけるべきポイントについて簡単にご紹介しました。

「FX」は、少ない資金でも大きな利益を得ることができる利点がありますが、その分失う金額も大きくなる可能性がある「ハイリスク・ハイリターン」投資です。

儲けることはもちろん大切ですが、常にリスクを忘れず最初は少額から始めて、コツをつかんでいくことをおすすめします。

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

投資カテゴリの最新記事