今さら聞けない保険の話、保険の種類について ~医療・ガン保険編~

ひとことに「保険」といっても、いろんな種類・商品があるのでどれに入ればいいのか分からない場合がありますよね。

前回の記事では、数多くある保険が大きく分けて3つのジャンルに分かれること、そのうち最も一般的な保険である「生命保険」の分野について書きました。

今回は、ガンなどの病気やケガ、入院に関する保障に特化された「医療・ガン保険」のジャンルについて基本の種類をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

医療保険とは?

今さら聞けない保険の話、保険の種類について ~医療・ガン保険編~

「生命保険」に加入している場合、「特約」を付けることで病気やケガ、手術などに備えることが可能なのですが、生命保険の主な目的はあくまでも「死亡保障」です。

一方、人生のどの段階でもリスクがある病気や不慮の事故によるケガ、それに伴う入院や手術などのさまざまな不安に備えるための保険が「医療保険」です。公的医療保険が主に「医療費」の部分をカバーしているのに対して、保険会社が提供している医療保険では、公的サービスでは足りない部分、「入院費」や高額になりがちな「手術費」を重点的にカバーできるように設定されています。

医療保険の基本は「入院給付金」といって、入院一日あたり○○円×入院日数と、「手術給付金」の組み合わせで販売されています。そこに、「先進医療特約」や「女性疾病特約」などの「特約」をプラスして自分に合った保障を備えることもできます。近年では、各保険会社がさまざまな特約をつけた商品をパックして販売していることもあり保険商品がたくさんあります。

医療保険の主な種類

今さら聞けない保険の話、保険の種類について ~医療・ガン保険編~

1. 終身型医療保険

「終身型医療保険」は、自分で契約内容を変更しないかぎり契約した時の保障が一生涯続く保険です。

保険料は加入した年齢の保険料が変わらずそのまま続く仕組みになっています。ですから、健康面での不安が少ない若い時に加入しておくと、病気やケガのリスクが高くなる高齢になっても、入ったときの安い保険料で保障を受けることができるので保険料を低く抑えることができます。

さらに、途中で解約しても「解約返戻金」があるので貯蓄性を兼ね備えた商品でもあります。ただ、最近では加入しやすくするために解約返戻金をなくして、そのぶん保険料を安くした終身医療保険もあります。家計の必要に応じて選ぶといいでしょう。

終身医療保険を考えるときの注意として、生涯の保障が続くぶん保険料を払い続ける必要がある、ということです。「そんな年齢になるまで払い続けられるか不安・・・」という人のために、60歳や65歳までに保険料を払い終えて保障は一生涯続くタイプがあります。

ただし、それだけ月々の保険料がアップしてしまうことにもなります。どちらを選ぶかは老後の過ごし方や資金を考慮に入れて加入することをおすすめします。

こんな人におすすめ

  • 保険料の安い若いうちに加入して、そのままの保険料で老後まで備えたい人
  • 解約返戻金があるタイプにして貯蓄性も考えたい人

こんなデメリットも

  • 保険料が加入時より変わらないぶん、同じ年齢でも定期型と比較して割高になること

2. 定期型医療保険

「定期型医療保険」は、保険期間があらかじめ○○歳までとか、10年間など一定の期間が定められています。

更新型の保険なら保険期間が満了すると、その時の年齢に応じて再計算され更新することができます。期間が決められるので、ライフステージのそれぞれの段階(独身・主婦・子育て期・・・など)に合わせて最適な保障を受けることができます。

また、近年の医療保険の進歩はめまぐるしく、保障内容が手厚くなっているため更新する機会に保障内容をチェックするいい機会にもなるでしょう。

こんな人におすすめ

  • 保険料が安いので、年齢が若い人や独身者、当面の家計が苦しいために保険料を抑えたい人
  • ライフステージに合わせて新商品に切り替えるなど、保障内容を定期的に見直したい人

こんなデメリットも

  • 加入したときは安くても更新のたびに保険料が上がってしまうこと
  • 更新が80歳など、一定の年齢までしかできない場合がある

3. 引受緩和型医療保険

「引受緩和型医療保険」は、通常の医療保険よりも加入するための条件を緩和した保険です。テレビCMなどで宣伝されている「持病があっても健康状態に関するいくつかの質問をクリアするだけで入れる保険」というタイプです。

持病や通院歴などがあって、これまで通常の医療保険の健康審査では加入できなかった人でも申し込みやすくなっているのが特徴です。そのぶん保険料が通常の1.5倍~2倍とかなり割高になりますし、契約日から一定期間は保障が半額しかもらえないなどの条件もあります。

決して「いいことばかりの保険」というわけでもないので、まずは通常の医療保険に申し込んでみて、それでもダメなら引受緩和型に加入する、などよく考えて加入するといいですね。

ガン保険とは?

今さら聞けない保険の話、保険の種類について ~医療・ガン保険編~

がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。脳卒中や心筋梗塞を対象とした保険とともに特定疾病保険と呼ばれることもある。

出典:Wikipedia

ガン保険も「医療保険」の一種といえるのですが、ガンを含めてあらゆる病気に対応する通常の医療保険とは異なり、「ガン」だけに特化した医療保険です。

ガンも病気ですから通常の医療保険でもある程度の保証が受けられますが、「ガン保険」に加入していると、ガンと診断されたときに「診断給付金」などのまとまった保障を受けることができます。逆にいえば、「ガン保険」に加入しているだけではガン以外の病気については何の保証もないというわけです。

ガン保険の基本は、ガンと診断された時点でまとまった給付金が受け取れる「診断給付金」に「ガン入院給付金」、「ガン手術給付金」と「通院給付金」を組み合わせたものが一般的です。また、ガン治療の場合は先進医療費や抗ガン剤など、医療費が髙額になる可能性が高いためにさまざまな「特約」をつけることができます。

給付金が受け取れる条件に注意

  1. ガン保険には「免責期間」と呼ばれる90日間の待機期間が設けられているので、加入して3か月以内にガンと診断されて保障が受けられません
  2. 保険の条件によっては「上皮内新生物(上皮内ガン)」の場合、保障されない場合があります
  3. 「診断給付金」が何度でも受け取れるタイプと、一度しか受け取れない保険があります
  4. 通院のみでも給付金が受け取れる場合と、入院後の通院しか保証されない場合があります

このようにガン保険は、加入する保険商品によって保障される内容が大きく異なります。「ガン保険に入っているから安心」ではなく、どこまで保障してくれる商品なのかをしっかりと確認し、自分の希望条件をカバーしているかどうかを確かめてから加入するようにしましょう。

まとめ

今さら聞けない保険の話、保険の種類について ~生命保険編~

いかがでしたか? 

「医療保険」も「ガン保険」も、保険というのは「もしもの時に備える」ものです。テレビCMなどでは保険に加入しない場合のリスクだけがかなり誇張されて宣伝されていますが、宣伝文句に踊らされてあれもこれも特約をつけたり、次々に保険に加入したりすると保障過剰になって毎月支払う保険料がどんどん高くなるばかりです。

実際には、日本の公的な保障として「高額療養費制度」や、サラリーマンなら「傷病手当金」など、家計を助けてくれる制度もあります。それらを活用することも考慮し、それでも「足りない分を民間の保険で補う」という考え方もあるかもしれません。

いずれにしても保険にこれから加入しようという人は、「本当に必要か」「どこまで必要か」を十分に検討して、ムダにお金を払い続けることがないようにしたいですね。

また、すでに「医療保険」や「ガン保険」に加入している人なら、契約内容をもう一度しっかりと確認して「ムダな特約をつけていないか」「欲しい保障がカバーされているか」を見直しましょう。