今さら聞けない保険の話、保険の種類について ~生命保険編~

今さら聞けない保険の話、保険の種類について ~生命保険編~

「社会人として独立したのを機に、保険に入りたいけど種類が多すぎてわからない」「結婚して保険を見直したいけれど、どの保険も同じに見えて違いがハッキリしない」とお悩みの人も多いのではないでしょうか? 

実際、保険にはたくさんの種類がありますし、それぞれの商品によって保障内容などが異なります。

保険は「家の次に高い買い物」だと言われるものですから、しっかりと自分の目的に合った保険を選ばないともったいないですね! 今回は今さら聞けない保険の種類についてご紹介します。

保険の種類

ひとことに「保険」といっても大きく分けて3種類に分かれています。

  • 第1分野と呼ばれる「生命保険」
  • 第2分野と呼ばれる「損害保険」
  • 第3分野と呼ばれる「医療保険」

このように大きく3つのジャンルに分けられる保険ですが、それぞれ扱われる内容が異なります。

まず「生命保険」とは、被保険者が亡くなったときに、その遺族に対して経済的な保障を与えるための保険です。

次に「損害保険」とは、自動車やバイク、家などの財産に何らかの損害を受けたときに備えるための保険です。

最後に「医療保険」とは、ガンや傷害、医療や介護など病気やケガなどに関する補償を提供してくれる保険です。それぞれの分野にたくさんの種類の保険がありますが、今回の記事では「生命保険」の種類について考えたいと思います。

生命保険の種類

今さら聞けない保険の話、保険の種類について ~生命保険編~

「生命保険」といってもたくさんの保険商品が出されているので、どれを選べばいいのかさっぱりわからない・・・という人も多いかもしれません。

そんなに多くの商品があるのは、生命保険が「主契約」+「特約」という組み合わせで販売されていて、「特約」の種類が非常に多く、いくらでも組み合わせられるからなのです。

主契約の種類は主に3種類

定期保険

定期保険は、基本的に満了時の返戻金がなく保険期間が限定されている保険です。

いわゆる「掛け捨て」の保険なので、比較的安い保険料で大きな保障が得られるのが最大のメリットです。

期間が限定されているため、設定した期間だけ保障されますが、期間が終わるとお金が返ってくることはありません。保険によっては更新ができるものもあります。

終身保険

終身保険は、保障が一生涯続くタイプの保険で満期がなく、解約をしない限りあらかじめ設定された死亡保障金を遺族が必ず受け取ることができます。

この保険は掛け捨てではないので貯蓄性が高く、万が一途中で解約するとしても、これまでに払ってきた保険料に対して一定の「解約返戻金」を受け取ることができます。

終身保険は死亡保障ですが、確実にお金が貯まっていく貯蓄性を持っているので、保障を受けながら老後の資金を貯めたい人や葬祭費用を貯めたい人などにはおすすめです。ただ、貯蓄性が高い分保険料が高くなるので家計と相談しながら加入することをおすすめします。

養老保険

養老保険は、名前のとおり「老後の自分や家族を養う」ための保険です。終身保険とは異なり、保険期間を設定して満期まで保険料を払い続け、満期時に生存していた場合は「満期保険金」を受け取ることができますが、万が一途中で亡くなった場合には「死亡保険金」を受け取ることができます。

いずれにしても同額の保険金を受け取れます。つまり、死亡に備えることと、貯蓄することの両方のはたらきがある保険だというわけです。

途中で解約する際には「返戻金」を受け取ることもできます。ただ、その貯蓄性の高さから3種類の保険の中ではもっとも保険料が高額になる保険です。加入を検討する時には終身保険と比較することをおすすめします。

「特約」とは?

先に書いた通り、生命保険に非常にたくさんの商品がある理由は、上に説明した「主契約」に加えて様々な「特約」を組み合わせているためでした。

この「特約」というのは、主契約である死亡保障の部分に加えて、さまざまなリスクに備えるためのものです。「特約」はそれだけで加入することができず、「主契約」に付加するカタチで契約することが可能です。

例えば、「主契約」を「定期保険」にして、「特約」として「ガン入院特約」や「災害入院特約」をつける、といった具合です。

特約の種類

今さら聞けない保険の話、保険の種類について ~生命保険編~

死亡保障を手厚くする特約

一定期間だけ死亡保障を特に手厚くしたい場合に付帯する「定期保険特約」や、万が一亡くなったときに死亡保険金を満期まで年金形式で受け取ることができる「収入保障特約」、保険期間内に死亡したときは死亡保険金として、もし生存していれば一定期間ごとに給付金を受け取れる「生存給付金付定期保険特約」などがあります。

入院・手術・通院など、病気やケガに備える特約

病気の際の入院に備える「疾病入院特約」、災害や不慮の事故によって入院した場合に給付金が受け取れる「災害入院特約」、さらには、ガンによる入院に備える「ガン入院特約」、女性特有の病気での入院に備える「女性疾病入院特約」、高血圧や糖尿病などの成人病で入院した時に給付金を受け取れる「成人病入院特約」、また、特定の病気やケガで手術を受けたときに給付金を受け取れる「手術特約」など、さまざまな特約があります。

不慮の事故による死亡・障害に備える特約

不慮の事故などで死亡、または高度障害のときに保険金が上乗せされる「災害割増特約」。事故による失明など傷害の程度に応じて傷害給付金を受け取ることができる「傷害特約」などがあります。

保険の種類~生命保険編~まとめ

いかがでしたか? このようにたくさん種類があって分かりにくい「生命保険」ですが、基本は3種類しかなく、死亡時の保障に加えて不慮の事故やケガ、病気による入院や手術に対する保障を「特約」として上乗せすることで、さまざまな保障をカバーすることができます。

ただ、当然あれもこれも特約を付けていくと保険料の方も高額になってしまいます。

そこで、ほとんどの人が必要としている病気やケガ、入院に関する保障に特化して商品化されているのが「医療保険」です。まだ若くて独身の人なら、死亡保障よりも医療保障を充実させるほうが優先かもしれませんね。

いずれにしても、自分がどのような保障を必要としているのかをじっくりと考えてから、加入する保険を選ぶといいですね!

今後の記事では、「医療保険」「ガン保険」についてもしくご紹介していきます。

保険カテゴリの最新記事