結婚式に呼ばれたらいくら包むのが相場? 今時の結婚祝い事情

友人の結婚式・親族の結婚式など、結婚式に招待された時には「おめでとう!」という気持ちと同時に 「いくらぐらい包めばいいの?」と悩むことがあるかもしれませんね。

結婚式というおめでたい席で、恥ずかしい思いをしたり新郎新婦に不快な思いをさせたりしないためにも、正しいマナーを知っておきたいところです。今回は、結婚式に呼ばれたときの「ご祝儀」の相場とマナーについて考えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ご祝儀の相場とは?

ご祝儀の相場

結婚式に出席する時に包むご祝儀ですが、「これが絶対」という決まりはなく、新郎新婦との関係、贈る側の年齢や社会的地位などによってさまざまです。

ただ、一般的な「相場」というものがありますから、参考までにここでは平均的な相場をご紹介します。また、地域や地方によっても異なりますので一応の目安として参考にしてください。

友人・親友

友人の結婚式のご祝儀の相場は3万円です。披露宴にかかる料理が1~2万円、引き出物などを入れると合計3万円ほどかかるといわれていますから、3万円包むというのはちょうどいいでしょう。

ただ、今でも親しい関係が続いている親友や、とてもお世話になった友人など、特に親しい関係にある場合には多めの5万円を包むのもいいでしょう。

逆に、贈るほうがまだ大学生や社会人になって間もないなど、経済的に余裕がない場合には2万円でも問題ないとされています。ただし、自分が先に結婚していて、3万円いただいた場合には同じ3万円を包むのがマナーです。

会社の同僚や上司

会社の同僚として結婚式に出席する場合は、基本的に3万円です。

贈る側の年齢が40代以上の場合や、課長・部長などの役職があるなら5万円や7万円を包むことができるでしょう。

逆に、贈る側がまだ社会人1、2年目など経済的な余裕がない場合には、2万円でもいいとされています。

会社関係の場合は周りの同僚との兼ね合いもあります。

自分だけ多く包んでしまうと、上の人に恥をかかせてしまう場合があるので、事前に周りの人に確認したほうがいいかもしれません。会社で独自のルールが決められているなら、それに従うといいでしょう。

兄弟・姉妹

兄弟や姉妹が結婚する場合は5万円~10万円が一般的です。

贈るほうが独身か既婚者かによって包む金額に差がある場合もあります。贈る側が既婚者の場合で多いのは7万円や10万円ですが、兄弟・姉妹で話し合って、「お互いに結婚する時に同じ金額を渡しあうのなら、お祝儀はお互い無し」と決めるケースもあるようです。

高額を包んでも、相手の結婚式で同額包むことになるので、あらかじめ話し合っておくことをおすすめします。

甥・姪・いとこ

甥や姪の場合、贈る側のほうが年上になるので5万円を包むのが相場です。

ただ、甥や姪のご祝儀に関しては地域ごとの差も多く、近畿・中部地方では10万円包むことが多いようです。

いとこの場合は、贈る側と同年代だということもあってご祝儀の相場は3万円。これも、中部地方などでは5万円を包むことが多く、地域ごとの差があるようです。

その他の親族の場合

叔父・叔母や祖父母など、その他の親族は3万円~5万円が相場です。

この場合、新郎新婦との関係性によって変動し、親しいほど多く包むことができます。

親族の場合は両親や身近な親戚などにあらかじめ相談して、自分のご祝儀が周りから浮いてしまうことがないようにすると、後のトラブルを防げるかもしれません。

夫婦で結婚式に出席する場合

夫婦で結婚式に呼ばれた場合、一般の相場である「一人3万円」を二人分まとめると6万円になって偶数になってしまいます。そこで夫婦では5万円を包むのが相場です。

夫婦別々で3万円ずつ包むこともできますが、その場合にはご祝儀袋のデザインを合わせて贈るようにしましょう。兄弟や親族の場合など金額が上がる場合でも、夫婦で一緒に包む場合は7万、8万、10万が相場です。

ご祝儀のマナー

ご祝儀の相場

金額のマナー

お祝い事で偶数の金額は「割り切れる」、つまり「別れる」ことを連想させることから避けるのが基本です。ただ、近年では2万円は「ペア」だとも考えられ、気にする人が少なくなっているようです。

その場合にはお札を1万円と5千円札2枚にして奇数にして包むといいでしょう。あとは、偶数でも8万円は「八」=末広がりの数字ということで縁起がいいともいわれますし、キリのいい10万円も問題ありません。

ただし、「死」や「苦」を連想させる4万円や9万円は忌み数字なので絶対に避けるのがマナーです。

いずれの金額を包むにしても、結婚のご祝儀の場合には「お祝いの日が来るのを心待ちにしていました」という意味から、銀行などで新札を用意しましょう。

祝儀袋の選び方

いざ文房具屋さんなどで「祝儀袋」を探す時になると、その種類の多さに、「どれを選べばいいの?」と迷うことがあるかもしれませんね。

「これがカワイイから」とか、「せめて袋だけでも豪華に」といった理由で選ぶと恥をかいてしまいます。祝儀袋の選び方の基本は「金額に見合ったものを選ぶ」ことです。

2万円~3万円を包む場合は、水引は紅白や金銀の結び切りで一般的なご祝儀袋に入れましょう。

5万円以上の場合は、金額が高くなるほどに高級感のある和紙を使用したもので、華やかな水引細工が施された祝儀袋にしましょう。最近ではご祝儀袋のパッケージに金額の目安が書かれているものもありますから参考にするのもいいですね。

表書き

表書きはボールペンや万年筆はNGです。水引の上に、黒い墨の毛筆か筆ペンで「御祝」、「寿」、「ご結婚祝い」など楷書で書きます。

ちなみに「結婚御祝」などの4文字は縁起が悪いので避けましょう。その下に少し小さめにフルネームを書きます。

マナーを守って「おめでとう」の気持ちを表現

結婚式,準備,費用

今回は結婚式に呼ばれたときのご祝儀の相場やマナーについてご紹介しました。冠婚葬祭に関するマナーは地域・地方によって異なる場合もありますから、不安な場合には親しい人に確認しておくのもおすすめです。

また、ご祝儀も「多く包んでおけばいい」というものではなく、相手に余計な気を遣わせてしまうようでは意味がありません。

せっかくのおめでたい席ですから、贈った相手に不快な思いをさせないようにマナーを守ることが大切です。ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気に入りの記事をシェア!

SNSフォローで最新情報をお届け!