お墓にかかる費用、暮石っていくらかかる?

お墓にかかる費用、暮石っていくらかかる?

人生最後の大きな買い物だともいわれる「お墓」ですが、どれくらいかかるものなのか全く見当もつかない人は多いのではないでしょうか? 

しかも、一度購入してしまってから後悔しても、気軽に買いなおすことができませんから慎重に購入したいものです。

そこで今回は、「墓石」を含めお墓にかかる費用について詳しく調べてみました。

お墓にかかる費用とは?

お墓,費用,墓石

「お墓を購入する」といっても、「墓石」を買うだけで終わりではありません。「永代使用料」や「年間管理料」などお墓を建てる場所や維持管理に関する費用も必要になってきます。

ですから、墓石購入費用だけでなく、どこに墓地を置くことにするか、どの程度の広さのものか、など全体的な費用を考えて予算を立てる必要があります。

墓石の費用

お墓,費用,墓石

まず、「墓石代」にかかる費用ですが、そこには墓石や香炉・水鉢・納骨棺などの石材一式や基本の彫刻費、墓石や付属品の設置費用などが含まれています。

最も多い価格帯は100万円~200万円のようです。

とはいっても、墓石に使用される石材の種類やお墓の大きさ、宗旨や宗派の慣例など、さまざまな条件によって値段が大きく異なります。信頼できる石材店でよく相談して、違いを説明してもらうようにしましょう。

石材の種類

墓石に使用される石材は色々な種類があり、国内外を合わせると100種類以上もあるといわれています。また、同じ種類の石材でも国産か外国産かによって価格が異なりますし、同じ国産でも産地によって値段の幅が広く、安価な石材と高級な石材には何十倍もの価格差があるようです。

さらに、同じ名前の石材でも耐久性や色などに違いがあり、似たように見えても等級によって値段に大きな差があります。基本的には硬度が高く、石のキメが細かくて色目が濃いもの、吸水率が低いものほど良質な石材だとされます。

石材の使用量

当然のことですが、使用される石材の量が増えれば価格も高くなります。

石材の量は、墓石の形状や装飾などの「墓石本体の大きさ」、隣の墓地との境界線となる「外柵の大きさ」、墓石とは別に設置する墓誌や、お墓に入り口や墓石の横に設置される灯籠、手を清めるための手水鉢などの「付属品」などに使用される全体的な使用量のことで、大きくなればなるほど値段が高くなります。

これは、小さい家より大きな家のほうが材料費も高くなるのと同じですね。

墓石の施工費

墓石が出来上がっても、墓地に設置してもらう費用が必要です。

この工事費用は、どのような場所に墓石を建てるかによってかなり値段が変わってきます。例えば、最近の霊園墓地など立地条件がよく、トラックや機械が容易に搬入できるようになっていれば比較的安く設置してもらえることがありますし、逆に山間部や山の上など墓石を設置するのが困難な場所では、かなり高額になる場合があります。

また、広い区画に設置する場合など、基礎工事の範囲が広くなるほど値段が高くなります。



このように「墓石代」といっても、さまざまな条件によって費用に大きな差が出てくるのです。いずれにしても、契約する際には石材屋さんや墓石店に墓地などの確認をしてもらい、後で高額な追加料金が発生しないようにしっかり見積もりをしてもらうようにしましょう。

永代使用料

永代使用料

「永代使用料」とは、お墓を建てるための土地を使用するためにかかる費用のことです。

お墓というのは個人で勝手に建てることができないので、寺院の墓地や公営・民営の霊園などの墓地を取得しなければいけません。ここでいう「取得」とは、不動産の土地のように購入するのではなく、永代にわたって使用できる権利だということです。

また、「永代使用料」は、立地条件によって大きく異なり、民営か公営、または利便性が高い立地か郊外かなどのさまざまな条件によって値段が変わります。

費用は数十万から、都心部では数百万円まで大きな金額の差があります。つまり、一般の住宅などの不動産と同じで、アクセスが良く土地の価値が高い地域ほど高額になってくるというわけです。

管理料

「管理料」とは、霊園や寺院の墓地などの施設や水道設備、駐車場などの維持・管理のために納める代金のことで、墓地の永代使用契約をした時から支払うものです。

この費用は、まだ墓石を設置していなくても支払わなければいけません。この「管理料」も霊園・寺院ごとに異なり、「永代使用料」と同じで立地などよって一年間で数千円~数万円と費用が変わります。

通常では一年分をまとめて支払うことが多いのですが、霊園・寺院によっては数年分をまとめて支払う場合もあります。いずれにしても定期的にかかる費用ですから、墓地を選ぶ際にはどれくらいの管理料がかかるのかを事前に調べておくようにしましょう。

お墓は人生最後の大きな買い物

お墓は人生最後の大きな買い物

いかがでしたか? ひとことに「お墓の購入」といっても、墓石だけでなく墓地の使用料や管理料まで、いろいろな費用がかかることがわかりました。

まさに「人生最後の大きな買い物」ですね。 

墓石自体の値段も、お墓を建てる場所も、条件次第で値段は大きく異なるようです。「安いから・・・」という理由だけで購入するのではなく、「どのようなお墓を建てたいか」を十分に家族と話し合って、納得がいくものを購入したいですね。

イベントカテゴリの最新記事