葬式にかかる費用ってどのくらい?準備しておくべき?

お葬式に参列することはあっても、実際に葬儀の手配に関わることは少ないものです。

もちろん、そんなことはないに越したことはないのですが、お葬式にかかる費用の見当もつかない状態では、いざというときに慌てることになりますし、葬儀屋さんの言われるままに高額な料金を支払う結果にもなりかねません。

そこで今回は、お葬式にかかる費用の目安について考えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お葬式に関わる費用って?

葬式,香典,相場

ひとことに「お葬式費用」というと、たいていの人は葬儀屋さんに支払う金額のことだと思われるようですが、実際にはそれ以外にも必要な費用があります。

一般的なお葬式でいうと、まず葬儀社に支払う「葬儀自体の費用」、次に、お通夜や葬儀後の精進落としなどの飲食代といった「飲食接待費用」、最後に、来ていただいたお坊さんに支払うお布施やお車代などの「寺院費用」です。

これら全体を合わせた費用は、「日本消費者協会」の葬儀についてのアンケート調査結果(平成26年1月)によると、全国平均で約189万円だとされています。

とはいっても、近年ではお葬式のカタチもさまざまに変化しているため、個々のケースで金額には大きな差が出ているのも事実です。「この金額が必ず必要」というものではありませんが、これくらいかかるのが相場だという目安にするといいですね。

お葬式に関連した費用の内訳

葬式,香典,相場

葬儀自体の費用(平均122.2万円)

葬儀自体にかかる費用とは、葬儀社などでお願いするお葬式の基本的な費用のことです。

まず、お葬式を執り行うための「斎場の使用料」、祭壇や遺影・位牌や供花など「祭壇まわりの費用」、棺やドライアイス代、ご遺体の「搬送費用」や、遺族・親族の火葬場への「送迎費用」、骨壺や葬儀社の「スタッフ費用」などが含まれます。

これらの費用は葬儀の形式によって大幅に金額が変わりますし、葬儀社ごとにさまざまなプランが用意されています。

また、それぞれのプランにどこまでが含まれているのかは葬儀社によって異なります。安いと思っていたらプランに含まれていなくて、別料金になっていることもあります。契約する前にそれぞれのプランには何が含まれているのかを十分に確認して、いざというときに慌てることがないようにしたいですね。

飲食接待費用(平均約33.9万円)

飲食接待費とは、お通夜の際に参列してくださった方やお手伝いしてくださった方に用意するお料理や、お葬式の後に遺族や親族に用意するお料理(精進落とし)と飲み物にかかる費用のことです。

全国の平均では33.9万円という数字が出ていますが、実際の金額は参列してくださる人数によって大きく異なります。

お料理の目安としては、予想される参列者の半分以上を用意しておくことが一般的です。せっかくお越しいただいたのにお料理が足りない、ということがないよう少し多めに用意することが多いようです。

ちなみに一人あたりの単価は5,000円程度が相場です。当日になって困ることがないように、あらかじめ参列者の人数を予想しておくことが大切になります。

また、お通夜や告別式に参列してくださった方への「会葬返礼品」を渡す必要があります。これも集まる人数分用意しておき、足りないことがないようにしましょう。一般的には一人あたり500円~1,000円程度の品物を渡すことが多く、お茶やハンカチ、ボールペンなどが人気のようです。

寺院費用(平均44.6万円)

葬儀の後、お坊さんまたは寺院に支払うお金です。

その中にはお坊さんにお経をとなえていただく「読経料」や、戒名をつけていただく際の「戒名料」、お通夜やお葬式の際の会食を、お坊さんが辞退されたときにお渡しする「御膳料」、自宅や葬儀場、また火葬場までお坊さんにお越しいただく際の「お車代」などが含まれます。

なかでも費用に大きく差が出てくるのが「戒名」で、ランクがあり種類によって費用が変わってきます。

お葬式にかかる費用は上のように主に3種類に分けられますが、これ以外にも「香典返し」や、葬儀に関係してお世話になった人への「心づけ」も必要です。

葬儀費用の準備は?

1年に1回は行きたい海外旅行! 旅行資金を貯めるコツとは?

あくまでも平均ですが、葬儀には200万円近くの多額の費用が必要になります。

これらの費用を故人の預貯金から支払おうと考える人がいるかもしれませんが、金融機関の預金口座は預金の名義人が死亡すると凍結され、相続関係が確定するまで預金を引き出すことができなくなります。そこで、「葬儀社などに支払うお金がない!」と焦ることがないように準備しておく必要があります。

一般的には「終身」の生命保険などから費用を準備することが多いようですが、最近では、保険料が安くて保険金の支払いを短期間で受けられる「葬儀保険」などを活用する人もあります。

またひと昔前には、生前に葬儀について考えることは縁起でもないことだとタブー視されてきましたが、近年では自分の葬儀やお墓のことなどを準備して備える「終活」という考え方も定着してきました。

このように、生前に自分の希望する「葬儀のカタチ」を決めておくことで、残された家族が迷うことなく故人の希望に沿ったお葬式を選ぶことができ、費用面での準備を進めておくことができます。

いざというときのために費用の目安を

いかがでしたか? 今回はお葬式にかかる費用について考えました。

ここでは全国的な平均をご紹介しましたが、地域ごとに風習が異なる場合もあります。さらに近年では、シンプルに家族や親族、親しい友人だけで執り行う「家族葬」なども増えており、「葬儀費用」といっても金額には大きな幅があるようです。

いずれにしても、いざというときに慌てて葬儀の手配をすることになって、葬儀社の言われるままに高額な契約をしてしまうことがないよう費用の目安を知っておくといいですね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気に入りの記事をシェア!

SNSフォローで最新情報をお届け!