仮想通貨の価格を上下させる要因とは何?

ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格が高騰していることで、大きな注目を集めています。その反面で大暴落したとか、盗まれたというようなニュースも耳にします。株式投資や外国為替などでは、投資したものの価格が上がったり下がったりするのは当たり前のように感じられる人でも、仮想通貨の価格が激しく上下するのはどんな要因からなのか、不思議に感じている人もいるでしょう。

仮想通貨の価格を上下させる要因とは何なのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮想通貨の価格が上がる原因

広告・宣伝

仮想通貨の価格は発行体がないため、投資している個々人の売買によって価格が大きく変動する、これはビットコインでもアルトコインでも同様です。

特に2017年年末から2018年年初にかけてコインチェックのテレビCMがが流れた際に、ビットコインが大きく値上がりし、その影響でアルトコインも値上がりしました。

また、一旦下落した仮想通貨を安値で購入しようという逆張りの人たちがここぞとばかりに購入するので、一旦価格下落を見せた後には仮想通貨の価格が急騰することがよくあります。

国内・海外取引所の新規開設

ビットフライヤーやコインチェック、zaifに代表される国内取引所で新規に取引が開始されるニュースが流れると、その仮想通貨は値上がりします。また国内の新規の取引所の開設で仮想通過全体の価格が押し上げられていく傾向にあります。

海外に目を向けると最近では中国のBINANCEやKucoinがICOを終えた上場させ、価格が一気に急騰する現象があります。これらは草コインなのでまだまだどうなるかわかりませんが、取引所自体も自分達の仮想通貨を発行しているので、その仮想通貨も値上がりしています。
 

ICOが行われる仮想通貨の開発メンバー

ICOでは資金調達が必要なスタートアップ企業が仮想通貨を通じて資金を集めます。ICOの数は近年特に多く、詐欺コインも混じっています。

その中で優良案件となりうるのは、ICOを行っている仮想通貨開発のメンバーです。主要なメンバーの中にすでに名の知れたアルトコインの開発者の名前があると、注目度も上がります。たとえば、イーサリアムやネムなどの開発者が名を連ねているとICOから資金調達成立、上場、価格高騰といった流れが起こることがあります。

仮想通貨の価格が下がる原因

ハッキングや資金流出国内、国外の仮想通過取引所でハッキングや資金流出、不正出金があると仮想通貨の価格が下がる要因となります。

マウントゴックス事件はまだ日本ではビットコインが知られていないときにおきました。被害額は、顧客が保有するビットコイン75万BTCと購入用に預かっていた預り金28億でした。この事件をきっかけに仮想通貨が一気に注目されました。

最近起きた事件だとコインチェックのハッキングで560億円近いネムが盗まれたのが有名です。これを樹に160円くらいだったネムが40円台まで急落。一気に価値を落としました。

ネムという仮想通貨が悪いというわけではなく、単純にコインチェックの取引所としてセキュリティがネムに関しては甘かったということですが、いまだに60円台と低迷が続いています。
 

国内・海外取引所の閉鎖や国家からの規制

取引所が閉鎖されても仮想通貨の価格は下落します。

中国は加熱する仮想通過の取引に歯止めをかけるため国内にある取引所を閉鎖しマイニングやウォレットの開設、仮想通貨の取引が禁止されてしまいました。このニュースが流れた際にも価格が下がりました。
 

まとめ

仮想通貨の価格の高騰と下落は表裏一体です。ポジティブなニュースや面白いCMは仮想通貨の価格を吊り上げ、そこに便乗する新規の仮想通貨投資家を増やします。

一方でその加熱が価格の下落を招き、その下落を狙って、さらに仮想通貨に投資されていきます。このように、価格は上下していますが、全体的に見ると価格は上昇傾向にあります。

2017年の初めはビットコインが10万円を越えて大騒ぎになりました。リップルもその当時0.7円程度でくすぶっていましたが年末には100円を超えています。まさにバブルともいえますが、そのような仮想通貨はほかにもたくさんあるのです。

今後もたくさんの仮想通貨が登場しますが、長期的な視点で、短期の価格の乱高下に一喜一憂せずホールドできる方が仮想通貨の価格の乱高下に負けないのだと感じます。