Ripple (リップル)ってどんな仮想通貨?その特徴

Ripple (リップル)ってどんな仮想通貨?その特徴

グーグルが出資したことでも有名になった、仮想通貨リップルの特徴を紹介します。

リップルの特徴

仮想通貨リップルは、将来性が期待されている通貨として有名です。あまり名前は聞いたことがないかもしれませんが、グーグルが出資したことでその期待は周りで高まりました。

出資するということはそれだけ将来性を期待されているということだからです。しかもあのグーグルがとなれば、取引をしている人からしたら興味を持たずにはいられない通貨でしょう。

実は、リップルはビットコインのデメリットを解消するために生まれたとも言われています。

ビットコインは出金するまでに10~30分かかると言われているのですが、リップルはものの数秒でそれを行うことができるからです。

仮想通貨は10分で乱高下することもあるため、この素早さが重要となります。

常に高い価値を保っている通貨という印象を持っている人もおり、それが詰まらないという声もあります。

リップルを買うメリット

基本的に、仮想通貨は価値の低い時に買い、価値が上がったら売ることで利益が生まれます。よって、有名な通貨を購入しても良いのですが、知名度がそれだけあるということはたくさんの人が買い求め、その分需要がアップしていることになります。

ということは、逆に知名度の低いもの、例えば一般的にはまだ馴染みのないリップルを購入すれば、これから有名になれば儲けが出る可能性が高まるということになります。この辺りは完全に運試しとなります。

ただ、時価総額が高いため比較的安心して保有し続けることができるのは魅力の一つで、取引は一切せずずっと保有しているという人も多いです。

このことから、早くに取引をするのではなく、ただリップルを持っているという方法を続ける方が賢いと言えるかもしれません。

何故将来性があると言われるのか

リップルは投資者の中で将来性があると言われていますが、その理由は過去の実績になります。

実は、2016年の3月時点まではほとんど価値のない通貨だったのですが、それ以降大幅に価値が上がり、線グラフで表すとすごい勢いであることが見えるからです。この価値がない時に買った人は先見の明と運があると言えますね。

将来性があると言われる仮想通貨は他にもありますが、その根拠はそれぞれが独自に考え、出した答えです。

リップルもそうで、将来性があると言う人は多いですが、それを判断するのは自分自身です。いくら仮想通貨に精通していても価値が暴落する時は暴落するので、リップルについて調べあげたところで過信するのは禁物です。

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

仮想通貨カテゴリの最新記事