Monero(モネロ)ってどんな仮想通貨?その特徴

Monero(モネロ)ってどんな仮想通貨?その特徴

Monero(モネロ)は、アルトコインのひとつで、単位にはXMRとなっています。アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。

2017年には、取引高で世界最大となる韓国の仮想通貨取引所bithumb(ビッサム)が取り扱いを開始し、注目を集めています。

Monero(モネロ)の特徴

Monero(モネロ)の特徴は仮想通貨の中でも高いとされる匿名性です。これは他の仮想通貨とは異なるCryptoNotetいわれるアルゴリズムを使用しているためです。

通常仮想通貨は個人に与えられた鍵によって取引の安全性を確保しています。ところが、この鍵はどこで使われているかを調べると個人が特定されてしまい、取引上問題がありました。

Monero(モネロ)は、この鍵をまとめることによって鍵束にしてそこに署名することにより、個人を特定できないようにしています。

また、口座番号にあたるMonero(モネロ)のアドレスは取引のたびにその都度それぞれに与えられたアドレスが変化させるワンタイムアドレスを採用することで、高い匿名性を確保しています。

Monero(モネロ)のメリットとデメリット

仮想通貨のメリットは為替を介す必要がないことで、これまでの法廷通貨であれば数日程度かかっていたであろう取引が、ごく短時間で取引できる点にあります。

Monero(モネロ)では、主要な仮想通貨であるビットコインと比較してもさらに円滑な取引を行うことが可能になっています。その取引時間はおよそ2分で、タイムラグが非常に少なくMonero(モネロ)の大きな特徴となっています。

しかしながら、このような匿名性には問題もあり、非合法の取引にも利用されやすく、インターネットにおける闇市場サイトで利用されていたという声も聞かれます。このため、投資目的であればこのような情報も加味して判断しなければなりません。

Monero(モネロ)の将来性

Monero(モネロ)はその匿名性の高さなどによって注目されつつあります。

Monero(モネロ)と同じような匿名性を持つ仮想通貨にはZcash(ジーキャッシュ)がありますが、この技術が評価され、こちらは2017年にJPモルガンとの提携を発表しました。同じように匿名性においては評価の高いMonero(モネロ)も今後注目がさらに集まり、高騰する可能性があります。

このように、Monero(モネロ)は今後大きな可能性を秘めている仮想通貨といえます。現在、仮想通貨の需要は急激な伸びを示しているため、分散投資の中でMonero(モネロ)をある程度保有していれば、数年後に恩恵を受けられる可能性もあります。

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

仮想通貨カテゴリの最新記事