Factom(ファクトム)ってどんな仮想通貨?その特徴

Factom(ファクトム)とは最近話題になっている仮想通貨のひとつで投資も行える仮想通貨です。

もともと仮想通貨は、インターネット上で世界各国のお金を両替する時、日本円やドルなどの違う他国のお金でも送金が可能となるものです。

しかし、今までの仮想通貨は銀行を介さず、インターネット上で取引するお金ということで、信憑性に不安が煽られていたのです。

しかし、 Factom(ファクトム)ではこの信憑性の不安を解消し、ブロックチェーン化といい、仮想通貨を取引する権利者間に仲介管理者を存在させることで、仮想通貨を使った取引が第三者によってハッキングされることなく、デジタルデータを共有することができるので、安心して使える仮想通貨として、誕生したのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Factom(ファクトム)の特徴と仕組み

土地の売買契約書、戸籍謄本、医療治療記録などの大きな個人情報を同じ目的の持つ権利者間だけで、インターネット上でデジタルデータを共有するのが特徴です。
これにより、権利者間以外のアクセスは不可能となっています。

Factom(ファクトム)でない仮想通貨は銀行だけが管理しているため、データを一度紛失してしまったりすると、そこでデータの再現は不可能です。

しかし、 Factom(ファクトム)は権利者間で共通のデータを共有するため、誰かが、データを紛失してしまっても、共有データがのこっているため、復元が可能なため安心です。

Factomのメリット、デメリット

Factom(ファクトム)は同じ権利者内でデータファイルを共有しているため、安全性が高く、改ざん、ネットハッキングの心配がなく使えるのがメリットです。また、Facomは銀行や政府などの仲介を取らずに、送れる仮想通貨のため、最速の時間で、最高10分でデータを海外などに送ることができることもメリットです。

しかし、デメリットは仮想通貨の価値が変化した時、データを長期的に保存できないという点があります。

Factom(ファクトム)の使い方

Factom(ファクトム)はまず、ファクトムを使用する料金を払い、エントリークレジットに交換します。

エントリークレジットに交換したら、他の仮想通貨と交換可能となります。エントリークレジットをしたら、凍死の取引などをした報酬をFactoid(FCT)という仮想通貨
に交換してもらえます。Factoid(FCT)を使い、他の仮想通貨と交換が可能になります。

Factom(ファクトム)の購入できる場所

Factom(ファクトム)を購入できるのはcoin checkのホームページだけです。

こちらのホームページはPCサイトとスマホサイト両方があります。

Factom(ファクトム)の将来性

今後、世界各国で機密情報を守り、大きな通貨を送金できるとあって大手、coin check(コインチェック)を始めとし、13種類の通貨が購入できるので、非常に全国的に注目されていることから、今後大きく成長し飛躍していくと言えます。