仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いについて

仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いについて

仮想通貨が購入できる場所には、「販売所」と「取引所」があります。「販売所」と「取引所」は似ているように見えて、それぞれ特徴やメリットが異なりますので、どちらで購入すべきかよく検討する必要があります。

仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いについて、まとめました。

仮想通貨の「販売所」とは

仮想通貨の「販売所」では、仮想通貨取引所による仮想通貨の売買が行われています。

「販売所」といっても、実店舗などリアルの窓口はありません。仮想通貨取引所のホームページに「販売所」というカテゴリーがあり、そこから売買を申し込むことになります。

「販売所」で仮想通貨を購入すると、仮想通貨取引所が所有している仮想通貨を買うことになります。自分が持っている仮想通貨を、「販売所」に買取ってもらうこともできます。

仮想通貨の「販売所」の売買は、難しい?

仮想通貨の「販売所」での売買手続きは簡単で、仮想通貨の初心者に向いています。仮想通貨が買いたい価格になったら購入を申し込み、仮想通貨が売りたい価格になったら買取を申し込むだけです。

ただし、販売所で扱われている価格は、仮想通貨の価格と一致しません。販売所に表示される売買価格には、仮想通貨取引所に支払う手数料が含まれているからです。

また、販売所は取引所に比べて扱っているコインの種類が多いのも特徴の一つです。ビットコインは、多くの販売所、取引所で扱われていますが、そのほかの仮想通貨(アルトコイン)を取引所で扱っているサイトは限られてきます。

仮想通貨の「販売所」で、儲けるには?

仮想通貨の販売所で儲けるには、価格が安い時に買って、高い時に売ります。差額が大きければ大きいほど、儲けることができます。

仮想通貨の「取引所」とは

一方、仮想通貨取引所の「取引所」は、仮想通貨を売りたい人、仮想通貨を買いたい人が直接取引を行う場所です。仮想通貨取引所は、仮想通貨を売買したい人に、「取引所」という売買の場所を提供している形です。

仮想通貨の「販売所」では、「板(ボード)」に仮想通貨の価格や量が表示されているので、それを見て売買します。

「板(ボード)」に表示されているのは、仮想通貨を売買したい人の「これくらいの量を、これくらいの価格で売買したい」という希望額です。売りたい人と、買いたい人の希望が一致したら、売買成立になります。

仮想通貨の「取引所」は手数料がかからないか、「販売所」より安くなっています。そのかわり、売りたい人と、買いたい人の希望が一致せず、いつまでも売買できないこともあります。

仮想通貨の「取引所」で、儲けるには?

仮想通貨の取引所で、上手に売買相手を見つけていくと、儲けることは可能です。売買に慣れるまで早い人、遅い人がいますが、気にならない金額で気長に練習するのがコツ。

短期の値動きと、長期の値動きの両方を観察すると、売買のタイミングが判るようになります。

「販売所」と「取引所」の違いまとめ

仮想通貨の初心者は、少額で売買を練習するのがおすすめです。最初から高額の仮想通貨を買うと、値動きのたびにストレスになります。

販売所は今すぐコインを買いたいときに便利ですが、手数料が比較的高くなります。それに対して取引所は、売り手が見つかればコインを購入することができますが、手数料は低めになります。

このように、それぞれの特徴がありますので、使い分けることも大切です。最初は販売所で、安い時に買い高い時に売る練習をしてみて、販売所の売買に慣れてから、取引所デビューするのがおすすめです。

この記事はいかがでしたか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね

仮想通貨カテゴリの最新記事