COMSA(コムサ)ってどんな仮想通貨?その特徴

COMSA(コムサ)ってどんな仮想通貨?その特徴

仮想通貨のメリットを知ってから、少しずつ勉強して最近やっと使い方が分かってきたという方も多いのではないでしょうか。

さまざまな仮想通貨が行き交う現代、COMSA(コムサ)という名称を耳にする方も増えてきているはずです。

今回は、「COMSAって仮想通貨なの?」「どのように使うのか?」とお思いの方に、COMSAの概要をご説明します。

COMSAは仮想通貨を賢く使う仕組み

結論から言いますと、COMSAは厳密には仮想通貨ではありません。もし、企業が何か新しい事業を始めたりしたいと思ったときに、一般的には新規株式公開を行ってきました。また、最近ではネット上での資金集め、つまりクラウドファウンディングも有名です。

これらは最後には現金でやり取りが行われるのが普通でしたが、ここに新たに新規仮想通貨公開(ICO)というシステムが加わりました。これは資金調達目的なのは一緒ですが、仮想通貨でやり取りが行われるのが特徴です。

このICOを購入することで、世界のさまざまな経済活動、企業活動に参加することができるわけですが、もともと持っていた仮想通貨をCOMSAに変換し、さらにそれでICOを購入するとお得になる場合があるのです。

二度手間?いやいや、これが大事なポイント

どうしてわざわざ手持ちの仮想通貨を一度COMSAにしなくてはいけないのか、と不思議に思われる方も多いと思います。

このCOMSAは、公式サイトで詳しい説明を読むことができますが、サイトでは事前に個人情報の登録が必要です。しかし、ここに登録しておくだけでCOMSAの購入権利が得られるため、仮想通貨を今後増やしていきたい方、色々な事業に関わっていきたいという方は早めに登録しておくべきでしょう。

登録しておくと割引特典が得られますし、将来的にCOMSA利用者しか得られないメリットが出てくることも考えられます。

COMSAへの登録は、よくある会員特典の仮想通貨版だと考えれば良いでしょう。

すべての取引は仮想通貨で…世界規模のシステム

COMSAの購入などはすべて仮想通貨で行われます。仮想通貨には国による違いがないことが特徴なので、誰でもどこでも気軽にICOに参加することができます。

自分たちの会社で良質な新商品を作りたいという方も、目標のある企業を応援していきたいという方も、資金を増やしていきたいという方も、今後利用者が急増することが考えられるCOMSAへの登録を検討してみてはどうでしょうか。

仮想通貨カテゴリの最新記事