Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)ってどんな仮想通貨?その特徴

Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)ってどんな仮想通貨?その特徴

現在、投資家をはじめとして、一般の方にも注目されている仮想通貨。その存在感は、今後もさらに強まり世の中に認知されていくでしょう。

仮想通貨には、様々な銘柄(種類)が、存在しますが、皆さんは、どれくらいの数があるかご存じでしょう? 実にその数1,500種超存在します。

そのなかには、メジャーなものからマイナーなものまで、それぞれ特色も異なります。また、今現在でもその数は増えつつあります。

今回は、そんな数ある仮想通貨のうちのひとつ「ビットコインキャッシュ」について、解説します。

ビットコインキャッシュとは?

仮想通貨の中で、最もメジャーな通貨である「ビットコイン」。皆さんも、言葉だけは、耳にしたことがあるでしょう。

仮想通貨の中で、時価総額第1位のコインです。仮想通貨と言えば「ビットコイン」と言っても過言ではありません。「ビットコイン」は、仮想通貨として最初に作られたものです。その「ビットコイン」から、分裂してできたのが、「ビットコインキャッシュ」です。

「ビットコインキャッシュ」とは、2017年8月1日にビットコイン(以下、BTC)がハードフォークされ、誕生した新しい通貨となります。わかりやすく言うと、「ビットコイン」をバージョンアップして作られた全く新しい通貨ということになります。

現在「ビットコインキャッシュ」は、時価総額第三位に位置しています。用途は、投資・送金・決済です。ビットコインとの違いは、それほど多くはありませんが、ビットコインに比べセキュリティ面で強化されました。ビットコインとの互換性はありません。

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュの特徴は、以下のようなものとなります。

  • 取引速度が低下するリスクの減少(決済スピードの強化)
  • セキュリティの向上により安全な取引ができる
  • ブロックサイズがビットコインの8倍

これらの特徴は、ビットコインで抱えていた問題を解消するためであり、この点がビットコインキャッシュのメリットとなります。

逆にデメリットとしては、使える場所が圧倒的に少ないということです。

購入先と将来性

「ビットコインキャッシュ」は、国内の取引所で購入できます。

おすすめは、「Zaif」です。手数料最安0円で購入できます。その他、「ビットポイント」や「ビットフライヤー」でも取引ができます。

ビットコインの「送金遅延」「手数料の高騰」などの問題を解決するものとして「ビットコインキャッシュ」が注目されています。その事からも将来性は期待されています。

仮想通貨カテゴリの最新記事