スポンサーリンク

主婦でも審査がおりるカードローンってあるの?

主婦の皆さんでも「今月は急な出費があってお金が足りない!」とか、「将来に役立つ資格を取るためにまとまった資金が必要」など、旦那様やご家族には相談できないお金が必要になることがあるかもしれません。

正社員でなく、パートやアルバイトといった低収入しかない主婦でも借りることができる「カードローン」ってあるのでしょうか? また、専業主婦の場合はどうなのでしょうか? 

今回は、主婦でも審査がおりるカードローンについてまとめました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

主婦でも審査がおりるカードローンはある!

主婦でも審査がおりるカードローン

結論から言うと、主婦でも審査がおりるカードローンはあります。

ただし、同じ主婦でもパートやアルバイト収入がある「主婦」と、収入が全くない「専業主婦」では借りられるところが異なります。

定期的な収入がある「主婦」なら、銀行が提供している「カードローン」だけでなく、消費者金融などが提供している「カードローン」や、「女性専用カードローン」などで融資を受けることができます。

一方、収入が全くない主婦の場合は消費者金融が提供している「カードローン」や「レディースローン」では借り入れをすることが困難です。その代わりに銀行が提供している「カードローン」や「キャッシング」なら借りることができるのです。


消費者金融のカードローンの特徴とは?

主婦でも審査がおりるカードローン

消費者金融は「貸金業法」という法律に基づいて運営されていて、無担保・無保証でお金を融資してくれます。

パート・アルバイトなど安定的な収入がある「主婦」であれば、旦那様やご家族に知られることなくお金を借りることができます。自動契約機や店頭だけでなく、最近ではインターネットやスマホなどから簡単に申し込むことができます。

さらに銀行のカードローンよりも審査スピードが速く、比較的審査にも通りやすいようです。

さらに、近年では「女性専用のカードローン」もあって、申し込みから審査、問い合わせなどすべてを女性スタッフが対応してくれる消費者金融もあります。消費者金融に不安があって、問い合わせなどが心配な方にはおすすめです。

女性にとって「カードローン」と聞くと、「なんとなく利用するのが不安・・・」、「抵抗感を感じる・・・」という人も多いのではないでしょうか?  ...

ただ、上に書いたように、収入が全くない「専業主婦」の場合は消費者金融で借り入れをするのは困難です。


どうして専業主婦は消費者金融で借りられないの?

10年後、30年後の幸せのために~女性はお金をどう貯める、どう使うべきなのか

消費者金融などの貸金業者では「総量規制」と呼ばれるルールがあり、「個人で貸金業者に借り入れをする場合、年収の3分の1を超えて借りることができない」と定められています。

さらに、「収入が全くない専業主婦がお金を借りたいときには配偶者の同意書が必要」だと定められています。このように専業主婦が借りようとすると手続きが難しくなり会社側にコストがかかることから、大手消費者金融では専業主婦への融資を控えるケースが増えているのです。

ただ、ごく一部の中小消費者金融では「配偶者貸付」というものを受け付けていて、専業主婦でも配偶者に安定した収入があり、夫の同意書や婚姻関係を証明する書類などを提出することで「夫婦の年収の3分の1まで」借りることができます。


銀行のカードローンの特徴とは?

女性でも借りやすいカードローンってあるの?

銀行カードローンは消費者金融とは異なり、貸金業者に定められる「総量規制」が適用されません。ですから、パートやアルバイト収入など一定の収入がなければ融資を受けられない「消費者金融のカードローン」とは違って、収入が全くない専業主婦でもお金を借りることができます。

また、銀行カードローンの場合には旦那様の同意書も必要ないのでご家族に内緒で借りることも可能です。

ただし、すべての銀行で借りられるわけではないので確認が必要です。銀行カードローンの場合も消費者金融と同様、インターネットやスマホから申し込むことができますし、すでに口座を持っている銀行なら通常より短時間でお金を借りることもできます。


銀行のカードローンのメリット

FXって本当に儲かるの?初めてのFXで初心者が気を付けたいこと

1. 限度額が高い

貸金業法の「総量規制」が適用される消費者金融と違って、銀行のカードローンは別の「銀行法」というルールが適用されるため、「収入の3分の1までしか借りられない」というわけではありません。

ですから、年収に関わらずある程度限度額を増やすことができます。これは、収入がない専業主婦だけでなく、パートやアルバイト収入しかない主婦の場合でも嬉しいところです。

2. 金利が低い

銀行のカードローンは、消費者金融のカードローンと比較して審査が比較的厳しいといわれていますが、審査に通れば消費者金融のカードローンと比べて銀行のカードローンのほうが低金利だというメリットがあります。

専業主婦の人はもちろん、ある程度の収入がある主婦の方でも低金利で借りられるなら少しでも返すのが楽になるはずですよね。


無理のない範囲で利用することが大切

いかがでしたか? 今回は主婦でも審査がおりるカードローンについてまとめました。

ひとことに「主婦」といっても、収入がある「主婦」と収入がない「専業主婦」では借りられる金融機関に違いがあること。また、仕事を持っていない専業主婦でも借りられるカードローンがあることも分かりました。

ただし、専業主婦の場合には借りられる限度も低めに設定されていることが多いようです。いずれにしても借り入れを行うときには返済の計画もしっかりと立てて、無理のない範囲で借りるようにしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気に入りの記事をシェア!

SNSフォローで最新情報をお届け!