スポンサーリンク

三大あるあるムダづかい、これで解決!

毎日一生懸命、節約をがんばっていたのに、気付いたらムダづかいをしていた! そんな経験はありませんか?

自分の中で節約をしていたつもりでも、結果的にムダづかいになっていた・・・。節約は一筋縄ではいきませんよね( ;∀;)

節約を意識する人なら誰もが通る道、三大あるあるムダづかいとその解決方法をご紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あるあるムダづかい1.食材の買いだめ

主婦でも審査がおりるカードローン

「食費の節約をするならまとめ買い!」

こんなセリフを見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。特に節約初心者が陥りやすいのが、この食材の買いだめによるムダづかいです。

確かにまとめ買いでは余計なものを買いにくいです。だけどそれは節約と料理に慣れている人の話。節約初心者だとそのまま鵜呑みにして、消費しきれないほど買いだめをしてしまいます!

まとめ買いをして冷凍庫に入れようとしてもパンパンで入りきらず、さらにすべて食べきれずに捨てるか、無理して食べては太ってしまうという残念な結果に(;´д`)

特売日だからといってむやみに食材を買うのをやめて、最初のうちは献立を決めてから買い物に行くことをおすすめします。しばらく続けていくといつも買うものがわかってきたり、量の感覚が掴めるようになってきます!

あるあるムダづかい2.楽しくないおつきあい

積立,貯金,やり方,節約,イベント

会社での飲み会や友達との飲み会など、大人になればどこでもついて回るのがおつきあい。特に仕事では人間関係は大事だけど、無理して行っていませんか?

高い金額を出して行ったのに、ずっと気を遣いっぱなしで帰ってきたらドッと疲れが押し寄せる。こんな楽しくないおつきあいはやめましょう。

もちろん、楽しいおつきあいであればリフレッシュに行ってもかまいません(*^-^*)

でも毎週、毎月のように飲み会があるんだったら、何回かは断っても大丈夫です。楽しくないおつきあいであれば、年に何回かある、重要な飲み会にだけ参加していればOK! メリハリをつけることで「今月お金足りない・・・」が無くなります!

あるあるムダづかい3.安物買いの銭失い

1年に1回は行きたい海外旅行! 旅行資金を貯めるコツとは?

「安物買いの銭失い」って聞いたことありませんか? ケチって安物を買ったせいで、結果的にムダづかいになったということです。

今では100円ショップで生活に必要なものは全て揃います。最近では100円ショップも品質を上げてきましたが、全てが良いものとは限りません! すぐに壊れてしまったり、使い物にならなくなることでまた買い替えるはめになります。

何度も使うものや、こだわりたいものであれば値段を気にせず良い物を買いましょう。良いものがあるのに、それを買わない理由が「値段」であれば、そのまま買って良し! だってあなたが気に入ったものなんですから(*^-^*)

手に取るだびにいい気分になるものは、自分の気持ちまでも豊かにしてくれます。

あなたの「あるあるムダづかい」は何ですか?

家計,出費,黄金比,貯金,貯まる,節約,

ここで紹介した他にも、「あるあるムダづかい」がある人がいるかもしれません。

実はジュースを毎日買っていた、衝動買いをしやすいなど、まずは自分のあるあるムダづかいを見つける必要がありますよね。そんなときは家計簿を付けてみましょう!

1ヶ月だけがんばって、買った物を全部ノートに書き出してみます。そうすればどこで頻繁にムダづかいをしていたかが見えてきます。それが、あなたの「あるあるムダづかい」というわけですね。

原因を見つけて、1つ1つ解決していきましょう!

家族のいる主婦(主夫)の方は、毎日家事に育児に仕事に・・・と大忙しですよね。中には節約に励む方もいらっしゃるのではないでしょうか?「...
会社で貰うお給料はそれほど差がないのに、毎月堅実に貯金を増やしている人、貯金どころか月末には生活が苦しい人・・・と、同じ独身女性でも差がある...
消費税も物価も上がり、一方で給料が下がる時代。誰もが「お金持ちになりたい!」という願望を持ったことがあると思います。宝くじで1億円当...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気に入りの記事をシェア!

SNSフォローで最新情報をお届け!

コメント

  1. こんばんは!
    ムダづかい、ありますよね~
    きちんと書き出してみようと思います。
    自分の行動パターンがわかりますよね。
    素敵なアイディアだと思います。
    情報ありがとうございます。

    • コンシェルジュ より:

      ごんたママさん、こんにちは!

      かくいう、私も無駄遣い、ついやっちゃいますね。
      この記事は自分への反省でもあります…