誰も知らない!お金持ちになれる人、なれない人の3つの違い

消費税も物価も上がり、一方で給料が下がる時代。誰もが「お金持ちになりたい!」という願望を持ったことがあると思います。

宝くじで1億円当てる儚い夢を持ったり、毎日せっせと節約に励んだり、仕事の量を増やしてみたり。こうして私たち庶民が苦しい時代を必死に生きている頃、世の中には億単位のお金持ちたちが楽に生きているのです。

「私もいつかお金持ちになりたい!」

そう願い続け、お金持ちを観察し続けた結果、お金持ちになれる人となれない人には、3つの違いがあることが見えてきました。

とても衝撃的だったので、ご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金持ちはぜんぜん働いていない!

お金持ち,貧乏,違い

まず1つめは、毎日朝から晩まで働いている庶民とは違い、お金持ちは全く働いていないのです。

さすがに労働ゼロでは収入は入ってきませんから、1日のうち数分~数時間は働いているのですが、それもほんの少しだけ。

別荘に行き、プールやビーチで楽しみ、ちょっとした空き時間に数分仕事。その後は部屋でのんびり過ごしたり、美味しいものを食べたりした後にまた数分仕事。

オフィスに出向くこともなければ、仕事の電話で大忙しということもありません。

なぜ働かずして収入が得られるのか?答えは簡単です。働かなくても収入が入るシステムを構築しているのです。そのシステムを構築するのはとても難しいことだと想像がつきますよね。

お金持ちは決してずっと楽していたわけではなく、苦労するべきところで苦労していたのです。

お金を気持ちよく使える♡

お金持ち,貧乏,違い

2つめの秘密は、そのお金の使い方にありました。

買い物をするときにも値段を見て迷うようなことはありません。自分のためだけでなく、人のためにも躊躇することなくお金を使います。

「そりゃあお金がいっぱいあるんだから、迷いなく使えるでしょうよ」

そう思う人もいるかもしれませんが、実はお金持ちってすごくケチなんです。自分が価値があると思うものにしかお金を使わず、価値が無いと思えば1円も出しません。

でも、価値があると思ったものにはどんなに高くても迷わずパッとお金を使うのです。お金持ちは自分が何にお金を使ったら気持ちが良いのか、自分の価値観をしっかり持っているということですね。

わがままなのにとても優しい

お金持ち,貧乏,違い

3つめはわがままに生きていて、そして人には優しいということです。

わがままであるということは、「これが欲しい!」と思ったら「必ず手に入れてやる」という野心があると言い換えられます。

庶民は「お金を貯めるためには我慢しないといけない」と自分を制しがちです。お金持ちはまったく逆の思考をしていたことになります。なのに、自分はわがままに生きているけど人にはとても優しいのです。

自分がわがままであることを知っているので、人のわがままも許してあげられる広い器を持ち合わせています。わがままなのであって、自分勝手ではないということです。

そのおかげでお金持ちの周りには人が集まり、集まった人たちがお金を呼び寄せているのです。

私たちがお金持ちになるためには

お金持ち,貧乏,違い

お金持ちになれる人、なれない人の3つの違いはいかがでしたか?

私たち庶民にできることは、「労働時間を減らして自由な時間を持つこと」「自分が気持ち良いと思えるお金の使い方をすること」「自分の欲求に素直になり、野心を持つこと」ではないでしょうか。

もしかしたらお金はこういった人を好んで集まってくるのかもしれませんね。苦しい節約はほどほどにして、お金持ち思考を取り入れてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気に入りの記事をシェア!

SNSフォローで最新情報をお届け!

コメント

  1. soratoto より:

    こんばんは^^
    確かにそうですね。
    成功者が何もしてないなんてないですね^^
    みな夢に向かって「やる」と言う意思をもって
    頑張ってきたんですね!
    野心持って頑張って行きましょう!

    • コンシェルジュ より:

      soratotoさん、コメントありがとうございます!
      成功者って、運が良かったと思われがちですが、実はそれだけじゃないですよね!

      私たちもいつか、「成功者」になれると信じて…、野心を持つこともとっても大切だと思います!