夫が家計に危機感を持たない理由と対処法

夫婦の家計 節約術

毎日家計の管理をされている主婦のみなさま、お疲れ様です。もしかして「夫が遊んでばかりで困っている」という悩みはありませんか?
 
妻がしっかり1円単位で家計管理をしているのに、夫はパチンコに競馬、飲み会続き。家族サービスと言って入場料の高い場所に子供を連れて行くなど。
 
苦労している側としては怒ってしまいたいですが、「夫も仕事でストレスが溜まってるから・・・」と大目に見てあげてしまっていませんか?
 
夫が家計に関して、全く危機感がない家庭は多いです。特に妻が家計を握っていると、夫は全部妻に任せきりになります。
 
「なぜこんなに説明しているのに、危機感が無いんだろう?」と疑問に思う方も多いはず!
 
そんな主婦の方のために、なぜ夫が危機感を持たないのかを解説しましょう!

スポンサーリンク

妻がやってくれているから大丈夫!?

夫婦の家計

ズバリ、夫が危機感を持たない最大の理由は「妻がやってくれているから」
 
これは裏返してみれば、妻をとても信用していて任せても安心だと思ってくれているとも捉えられますが・・・(^_^;)
 
家計について危機感を持たないということは、ぶっちゃけ興味が無いのと同じです!
 
夫の自分のやることリストから「家計管理」という項目がなくなるので、夫側としても楽なんですよね。
 

「妻がしっかりした性格で、何かあっても家計を守ってくれる。」
「今までそうやって大きな出費にも耐えてきたじゃないか。」

と妻を褒めてくれる夫もいます。
 
だからと言って妻だけが苦労して、夫は好き放題させて良いんでしょうか? たまには妻の方だって、金額を気にせずお買い物に行きたいのをガマンしているんです。
 
夫にもその苦労を知ってもらわないといけませんよね!

夫にも家計管理の苦労をわからせる方法

お金、節約

夫には仕事をがんばってもらっているからと言って甘やかしてはいけませんよ。しっかりと家計管理がどれだけ大変かを知ってもらいましょう。
 
その第一歩として、家計簿を見せて説明している人は多いと思います。だけど数字が並んでいるだけだと、夫は興味を持ちません。「で、結局いくら貯金したの?」と結果だけ聞いて終わりです。
 
そこで、まずは夫のお小遣いについて議論をしましょう。夫も自分のお小遣いの話になれば目の色が変わりますよ。

「先月は30,000円だったけど、今月は出費が多いから25,000円にして」

と言うと、夫はもちろん反対しますよね。
 
そこではじめて家計簿の説明をするのです。

夫に節約方法を提案させる

投資、計算

「子供の誕生日でいくら使う」「寒くなってきたから電気代とガス代が上がる」など説明してください。
 
すると夫は、「電気やガスの節約をするから」とか「お酒を買うのを控えるから」とか、自分から条件を言って「だからお小遣いを減らさないでください!」とお願いしてくるはずです。
 
まずいきなり家計簿の説明から入るよりも、夫自身に関わる話から入りましょう。
 
この方法なら、仕事をがんばっている夫のお小遣いを実際に減らすことなく、節約の苦労を知ってもらうことができます。なかなか面白い方法ですよね(*^-^*)

お小遣いの追加要求には毅然とした態度で!

お金、お金持ち

ただし、夫にお小遣いを追加で渡すのはキッパリやめること!
 
嫌な顔をされるなら、「夫も節約をがんばるかお給料を上げるかしたらお小遣いを増やす」というルールを作るのがおすすめです。
 
夫にも、お金を貯めるための苦労を知ってもらいましょう!

  

コメント

  1. こんばんは!
    妻が家計を握ると、夫はまかせっきりになるんですね。
    我が家は逆でした。
    必要な生活費をもらうのがとても大変でしたよ。
    お互いが「家計について」理解しあわなければいけない問題ですかね。

    • コンシェルジュ より:

      ごんたママさん、こんにちは! お返事がおそくなってすみません!

      そうだったんですねー!
      家庭の事情、いろいろあります…。

      どちらかの責任にしてしまうと、デメリットの方が多いような気がします。
      夫婦ですから、家計の問題についても、きちんとシェアすることが必要かもしれませんね。

  2. tonton より:

    こんばんは。
    チョット羨ましい記事です^^;
    私も元結婚相手は、この真逆でした。
    凄くケチ。自分で稼いだ金は全部渡さない!と生活費しかくれず、足りないと請求するとしぶしぶくれました。
    浪費家も困りものですが、男のケチ程、みっともないものはありません。
    すぐ離婚しました(笑)
    チョット愚痴ってすみません。

    • コンシェルジュ より:

      tontonさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
      そうだったんですね。ケチも浪費癖も度が過ぎると、致命的になってしまいますね。

      現在の、もしくはこれからのパートナーさんが、ほどほどで素敵な人だとお祈りしています!!